TOUR2019「三日月。。。」 東京公演

TOUR2019「三日月。。。」

東京公演を終えて。


全国ツアーは2回目で、

去年は初めての全国ツアーということもあり

私もみんなもがちがちに

緊張していた記憶がありますが


今年の初日公演。

ツアーの重みやら

客席が近すぎるやらで

とてもとても緊張しました。。。笑笑

一曲目は歌詞が飛びまくり

他にもいろいろと

自分の中で準備していたことができなかったりと

トラブルはあったのですが

結果、最高な最高な時間でした。

本当にありがとう!


1度ライブが始まると、もう後には戻れない。

時間を止める事はできない。

舵をとるのは私。その責任を持って

そして、心で通じ合えるように

ひとことひとこと一音一音大切に。

すべての感情を音に乗せて空気にのせて。

すると、、、

最初緊張していた空間がだんだんと

ほどけていく感覚。

肌で、感じることができるんですよね。

そうすると私もより一層

その世界に浸ることが出来る。


セットリスト


1日本の夜明け

2あいまいもこ

3スターチスを今日は。

4君と時間100summer

5思い出させんな

6わにだけど

7-sunrise-

8サボテン🌵

9つゆだくで(🎸庄司陽太)

10白き空(🎸庄司陽太)

11メロディー(玉置浩二)(🎸庄司陽太)

12littlestars

13懐かしい唄

14#7バイバイ

15三日月 

Fight!   

now


時間は2時間20分。

元々の予定はMC含め、1時間45分でした...

途中途中マネージャーが来て

「もう(時間が)やばいからMC抜くか

曲何かぬいて」と何度も言いに来ましたが

どうしてもぬくことができず

とても長くなってしまいました。

時間配分についてはかなり反省💦

終演後の物販がマネージャー、

社長の仕事のテキパキさ

そしてみなさまのご協力により

スムーズに出来たので助かりました。

ありがとうございます。。。


終わった今だから言えること.

普段電子キーボードを弾いてる私にとって

グランドピアノは全く別の生き物を触る感覚で

特にここのピアノは重くて重くて....

という感覚を前にブッキングライブで

やらせていただいたときに

ミスをたくさんしたりして

強く感じていたので

グランドピアノのあるスタジオでの練習を

時間が許す限り入れさせてもらいました。

その甲斐あってか、昨日のライブでは

多少の重みは感じたものの、

割とスムーズに弾くことができ

歌うことに集中することができました。

ほんとによかった。。。

今それが一番ほっとしているところです。


そして話は戻りますが一曲目。

みんなが驚きの新曲でした。

タイトルは「日本の夜明け」

この作品はなんと

1月から始まる永島真之介さん作の

舞台の主題歌に

この度、ごろーちゃんを通してお話を頂き、

書き下ろしという形で提供させて頂きました。

大変光栄です。


〜舞台の詳細〜

High-Card Live session02

「幕末群像 図南鵬翼 再炎

幕末群像 胡蝶之夢 」

場所:中野ウエストエンドスタジオ

期間:2020年1月15日-1月19日


スタッフ

作・演出 永島真之介

照明 今中一成

音響 矢作理

舞台美術/舞台監督 國坂輪之助

衣装/ビジュアル監修 生天目奈美

ビジュアル撮影 T.s.u.y.o.s.h.i

衣装・小道具・撮影協力 Oz'

制作 杉本太祐 


日程

1/15 18:30 A  1/16 18:30 A

1/17 13:00 B   1/17 18:30 B

1/18 13:00 A   1/18 18:00 B

1/19 11:30 A    1/19 16:30 B

※各回ロビー受付開始40分前/開場30分前

※全席自由

チケットは11/9から発売開始


またTwitterで詳細お知らせするので

是非観に来て欲しいです。

主題歌以外にも私の楽曲が使われるということで

今からとても楽しみにしています。


セットリストは見渡す限り、

今回も誰も当てられなかった模様(あたりまえ笑)


初めての歌で、

私しか知らないであろう曲を歌うのは

勇気がいるものです。

だけどこの曲が一体どんな展開になるのか

全くわからないのに

頑張って乗ってくれたみんな。

嬉しかった💕ありがとう。


二曲目は今回アルバムに入りました、

「あいまいもこ」でした。

とってもお気に入りの一曲。

イントロからあいまいもこの

メロディラインが出てくる構造ですが

みんなすぐわかってくれた?www


三曲目はとても人気を頂いている

「スターチスを今日は。」

こちらもイントロがとても気に入っています。

ストリングスのハーモニーも

ごろーちゃんこと中野悟朗さんが

音量の細かい所に至るまで徹夜で書いて頂き

とても素敵な作品に仕上がりました。


ライブ定番曲が続き、

七曲目は「-sunrise- 」でした。

リリースから1年経った今、

改めて凄い曲だな、と思いますが

私の心は一層暖かくこの曲を歌うことが出来ました。

この曲を歌うと、感謝が溢れてきます。

嬉しいことですし、しあわせなことと思います。


八 サボテン


今回サボサボタイムを設けました。

着替えに楽屋に戻っていて、

その時の会場の様子はわからないのですが

時間的に足りましたか?

それとも多かった?

ご意見お聞かせ頂けると

嬉しいです。


休憩を挟み九曲目。

ここから今回特に評判の良かった

ゲストとのコラボタイムです。

今回はギタリストの庄司陽太さんに

来ていただき、「つゆだくで」を

ギターデュオバージョンで歌わせて頂きました。


そして十曲目「白き空」

つゆだくでからの余りの世界観の違いに私自身

急に困惑することになっちゃいましたが笑

歌がはじまるとその世界に浸る以外の選択は

ありませんでした。

いつもにまして

セクシーな演奏をしてくれた陽太さん。

私もより一層深いところまで沈むことが出来ました。


それからカバー曲を今回は歌わせていただいたよ〜

十一 「メロディー」(玉置浩二)

シンプルですが難しいこの曲

玉置浩二さんの歌唱力が凄まじすぎるので

怖気付いていましたが

ゆったりじんわり歌わせて頂きました。


ここからピアノ弾き語り🎹

しかも東京会場の四谷天窓.confortさんは

グランドピアノがあります。

十二 「littlestars 」

13歳の時この曲を書きました。

この曲で私は本格的に

歌手を目指すきっかけになり。

想いは強くなっていきました。

でも、正直なところ今の方がもっと

強い想いを持つことが出来ています。

モチベーション維持するのは

簡単なことではないと思いますが

私に期待を寄せてくれている

みんなが居てくれてますからね。

本当に心強い大切な存在です。


十三 「懐かしい唄」

個人的に大好きな大好きなこの歌。

どうしても昔の風景が頭をよぎります。

匂いまで蘇ってきます。

葉が緑から黄色になる。

その期間って短いようで長く、長いようで短い。

でもその間に自分を取り巻く環境が

あっという間に変わることもありますよね。

なんか心がじんわりしました。


十四 「#7バイバイ」

人と比べたり、

昔の良かった頃ばかり思い返したり

私には沢山そういう場面がありました。

誰しもあると思います。そういうことって

でもねやっぱり常に輝いていたい。

誰の目とか関係なく、

自分が納得できる自分でありたくて。

誰かに優しくするのだって

自分の心に嘘ついてる人が心からの優しさで

人に接することは出来ないと思っています。

自分には一番素直でありたいね。

常に前を見れる人でありたいです。

その想いを込めて歌いました。


十五 「三日月」

三日月の制作秘話として、

実はこの曲はマスタリング予定日に

どうしても私の中で無理になってしまい

早朝録りなおしをさせてもらいました。

何十と重ねたテイクで1度はOKしたものを

提出日のその日に録りなおすことになるなんて

自分でもびっくりでしたが

そのおかげで納得いくものに仕上がり

本当に良かったです。

アレンジも最高に気に入ってます。


十六「Fight!」

ここでようやく私も含めての

ふりふりタオルの出番!

軽くて振りやすかったわあww

ってことでタオルが

めちゃくちゃお気に入りになってます。

モアタオルは是非首にかけて。

汗を拭いたり涙を拭いて。

防寒にもなります。


十七 「now」

-sunrise-と同じ時期に出来たこの曲は

少し寝かせていたのですが

今回のライブのために完成させた曲です。

歌ってて、今の気持ちとリンクしすぎて

とても胸が苦しかった。



楽しみドキドキな反面、

とても緊張していた今年のツアー初日でしたが

終演後の配信でみんなが

「大成功ー!」って叫んでくれてたので

それまですべての苦しみが拭われました。

グランドピアノで腱鞘炎になり、

弾けなくて泣いたり

衣装でもたくさんたくさん悩んだし

セットリストも悩みました。

今となってはもう私の中で笑い話です

(切替え早すぎる人w)

明日から、次の大阪公演に向けての

準備が始まります。

全く違うセットリストになっているので

そちらもお楽しみに!

東京公演 本当にありがとうございました!!!

そして

1年ぶりのツアー初日で感じたのは

みんなのことが益々好きになっていた。

それから信用と信頼の気持ちも

より深くなっていたという事かな。

私のつよすぎる気持ちを

今この瞬間

みんななら受け取ってくれる。

そしてそれを返してくれる。

目には見えないけど伝わってきます。

だから思いきり歌うことができる。

素直な私でいいんだって叫ぶことができる。

ありがとう!!!



内田もあ

0DA6FD4E-0122-45B7-99C9-8955D90429AE.jpg

この記事へのコメント