上京1周年。-everlasting-2018から1年。

お久しぶりでございます。しばらくここの存在を忘れていました。笑
10月10日で、北海道から東京に引っ越して来て1年が経ちました。
こっちに来てから毎日目まぐるしくて、正直記憶が曖昧です。(笑)
同じ日本なのに、こんなにも時間の流れが違うのか〜、と田舎出身の私は
驚いていましたがそれほどに目の前の物事に集中していた、ということで。⤴😃
これらのことを振り返ると
2019年の年末に振り返ることがなくなっちゃうかもしれないですが、w
気にせずに書いてみたいと思います。



10月に引っ越してきてまず感じたのは気候の違い。
北海道の10月の風ってかなり冷たいです。
それに比べてこっちは本当に暖かくてのん気だわ〜と感じていました。
1,2月はいくら暖かいとは言っても寒くて灯油のストーブが恋しかったです。

肝心の全国ツアーのこと。
去年、自身初のワンマンツアーを開催することができました。
そのことを振り返るととても胸が熱くなります。
みんなも、とても大きな熱量で私と一緒に最後まで走りきってくれたよね。
初日の東京の緊張感、-sunrise-初披露。
とってもアットホームだった福岡の思い出。
-sunrise-ジャケットを福岡の素敵なところで撮影できたこと。
(ちなみに衣装も全部福岡で新調した。)
大阪は私もステージ下に降りてみんなに飴ちゃん配ったりして、とても和気藹々としてた。
翌日、たこ焼き屋さんにiphone忘れて走ったのもいい思い出に。笑
名古屋はDVD買ってくれた方は知っていると思うけど感極まってリハーサルから泣いてしまってました。。。
社長には本当お世話になりました。
ファイナルの札幌は今までのツアー参加の方が九州から、関西から、関東から...
駆けつけてくれてね、最高の締めくくりを迎えました。
久しぶりに会った地元のファンの方もすっごく良かったって言ってくれて嬉しかった。
最終日のその時にS tar発売の発表と、2月の5周年記念ライブ開催@tokyoの発表。
写真を見返すと色々といい思い出が蘇ってくるんだけど、
ひとつひとつのことをよーく思い出すと、もちろんいいことだけではなくて。
ポジティブ脳な私は辛かったことを本当にすっぽりと忘れちゃえるんだけど、
よーく考えると、ああ、そうじゃなかったよなって。 
だけどそういうことをみんなで、時には1人で乗り越えてきて
その度に私自身少しずつだけど、強くなってきている感覚があって。
もちろん根が弱虫だから、すぐ泣くし悲しむことも多いけど
ちょっとずつ、ちょっとずつ、色々なことをこっちに来て、ツアーを経て、ライブを経て、
配信を経て、イベントを経て、学ぶことができたのかなと思います。

めまぐるしい2018,2019でしたが
今年もツアーを迎えられることを嬉しく思います。
応援してくれているみんなが居てくれてこそのツアーです。
-everlasting-から1年経った今、私はどんな世界をみんなに魅せられるだろう?
曲の選び方は変わった?曲に対する想いは変わった?
衣装はどんな?MCはどんなことを話すだろう、
歌い方は変わったかな?みんなに対する想いは?
北海道から出たことのなかった私が、東京に来て
生活は180度変わりました。付き合う人も変わり、音楽への向き合い方も変わりました。
今年はたくさんの変化や成長が有った年だったと思います。
(と言いつつはっきりこうこうここが成長したよ♡ってのは自分じゃよくわからないけど)
でも、やんわりとなんだか私自身の全てがちょっとずつだけど、
前よりも自分が望んでる方に近づいていってる感覚があります。
みんなは何を想うのかな?
心で通じ合いたい。音を通じてあなたの心と繋がりたいです。
MOAUCHIDA TOUR2019「三日月。。。」
楽しみで楽しみでならないです。
(p.s1年ぶりの帰省も楽しみでならない。)

MOA